自分がこれから何をしたいのかを本気で整理してみた

自分がこれから何をしたいのかを本気で整理してみた

就活をしていく上で自分の考えがぶれていたり言語化できていなかったりしていたので、一度本気で整理して言語化してみようと思います。

自分の理想の姿から逆算して、そのためにどんな会社に行きたいのか、今何をすべきなのかを整理していきます。

何がしたいのか何が好きなのか

そもそも5年後10年後は何をしてたいのか

ぼんやりとサービスを作っていたいなあ〜と思っています。でも、その役職にこだわりはありません。

むしろ、いろいろ経験してみて自分がこれだ!と思えるポジションで、サービスを作っていられたらそれが僕にとっては幸せだと思います。

 

そして、正直これといって明確なやりたいことが一つに定まっているわけではありません。むしろこれが決まっていたら、この記事を書くまでもなく自分の思考が整理できているはずです。

とは言っても、やりたいこと・やってみたいことはいくつかあります。

エンジニアとしての開発はもちろん、事業立案やグロースハックなどをやってみたいですし、興味のある事業もいくつかあります。(これに関しては後述)

 

そのために5年後までにどうなっていたいのか

正直ぼんやりとしている部分が多いので、出来るだけ幅広く様々なことを吸収してこれだと思ったキャリアに進めるようになっていたいです。

ただファーストキャリアはエンジニアとしてスタートしたいと考えています。(理由は後述)

5年後(入社3~4年後ぐらい?)には、エンジニアとしてプロフェッショナルを目指してもいいし、ディレクターやPMとしてさらに上流工程に足を踏み入れてもいいし、さらにやりたいことが見つかったら起業してもいいと思っています。

そのために必要なのはエンジニアとしてなんでも作れるぐらいに成長すること、そしてできるだけ多くのことに触れて経験を積む中で自分のやりたいことを見つけることです。

そのためにどのような環境が必要なのかは後述しています。

 

なぜエンジニアなのか

最初は企画職も面白そうだなと思っていました。そこで、サマーインターンでエンジニア職と企画職のどちらにも参加してみました。

Treasureに参加した話|Voyage Group エンジニア向けサマーインターン

コロプラの総合職インターン「THE STRATEGY」に参加してきました。

その中で感じたことが、やっぱり自分の手を動かして実際に動くものを作ることの方が楽しいということでした。

企画職は本番禁止のおっパブに行ってるようなものだととあるエンジニアの方に言われ、まさに僕の言いたいことを的確に表現しているなと思ったことがあります。

文系職のインターンで感じたことは、企画したのなら実装までやりたいということです。人事の方にもエンジニアの方が向いてるねと言われましたし、他のメンバーと話しているときの居心地の良さもエンジニアインターンのときでした。

それに、あれもこれもと言っているとどっちつかずになる可能性があるので、一旦はエンジニアを究めてなんでも作れるようになりたいと考えています。

 

だから、どちらもやってみたいですが、ファーストキャリアはエンジニアとしてスタートしたいと考えています。

 

  • 5年後はなんでもできる人間になっていたい
  • そのために入社して3年ぐらいで、成長しやりたいことを見つける
  • 現在は手を動かして自分で動くものを作る方が好きだからファーストキャリアはエンジニア

 

興味のある事業

やってみたい事業としては、何か世の中の仕組みを大きく変えるでっかいことと、自分がユーザーになりうるtoC向けのサービスです。(これ以外の事業に興味がないというわけではありません。)

前者としては、X-Techの医療や不動産などの市場が大きくレガシーなドメインやAbemaのように日本のテレビ業界を変えるぐらい大きなことをしてみたいと思っています。

後者としては、自分の生活がよりよくなるようなエンタメ系(ゲームを除く)などに興味があります。

前者はtoBが多く後者はtoCが多いので共通項がなく相反するように思えるかもしれません。が、僕なりの考えとしては、toBであっても最終的にはtoCになるものもあって、結果的に自分の生活がよくなるようなサービスの開発に携わりたいと思っています。

 

回りくどくなりましたが結論としては、直接的であっても間接的であっても自分がユーザーになりうるサービスを開発したいということです。

医療や不動産はtoBが多くなると思いますが、自分が病気になったときや賃貸に住むときに多くの煩わしさを感じたので、最終的に自分の生活がよりよくなるという観点から興味があります。

 

というのも自分がユーザーにならないゲームやVR、会計はやってみた結果、面白いとは思えなかったからです。働くことでユーザーになりうるサービスも増えると思うので、そのときは柔軟にやりたいことを変えたり増やしたりしてサービス開発に携わりたいと思っています。

 

  • 世の中にインパクトを与える大きな事業
  • 自分の生活をよりよくするtoCサービス
  • どちらも自分がユーザーになれるサービス

 

そのためにどういう会社に入るべきなのか

文化・環境・事業

これらのことを達成するために僕が重要だと思うのは、成長できる風土・いろんなことに挑戦できる文化・新卒から裁量権をもらえる文化・大規模なサービス、この4つが重要だと思っています。

成長できる風土に関しては、学ぼうという意思があればそれをサポートしてもらえたり、一緒に高め合える仲間(後述)が重要だと考えています。また、どうしてもわからないときに聞ける人や最新情報を常に追っているような技術力の高いエンジニアと一緒に働けるかどうかというのも重要だと思います。

いろんなことに挑戦できる文化に関しては、一つのプロジェクトだけでなく多くのことに挑戦しより多くのことを学びたいからです。また、事業以外に、今はフロントが得意ですが、サーバーやインフラにも挑戦したいです。それが当たり前の風土で働けると自分のやりたいことを見つけられると信じています。

ただ、同時にいろんなことに挑戦できなくてもよくて、むしろ異動が活発で挑戦を応援してくれる会社に行きたいです。というのも、同時にやるよりも一個のことをばっと集中して習得する方が自分にとっては合っているからです。

新卒から裁量権をもらえる文化に関しては、与えられた仕事をこなすだけでなく主体性を持って働いた方が楽しいし自分の成長にも繋がると思うからです。ビジネスのこともわかるようになりたいので、企画職の人やデザイナーの方と議論をしながら開発をするのが理想です。

最後の大規模なサービスに関しては、これが企業に就職する一番のメリットだと思うからです。起業せずに就職するからには巨大なプロジェクトで少しのパフォーマンス改善が数千万円単位で影響を及ぼすぐらいのサービスを触ってみたいです。逆に、そんなにトランザクション数がなくて負荷分散もそこまで考えないでいいぐらいのサービスはちょっと、、という気持ちもあります。

 

まとめると、入って3年でいちばん成長できそうでワクワクしながら働ける会社に行きたいです。

 

  • 成長できる風土
  • いろんなことに挑戦できる文化
  • 新卒から裁量権をもらえる文化
  • 大規模なサービス

 

一緒に働きたいメンバー

これもすごく重要だと思います。重要だと考えるポイントは三つで、向上心があって切磋琢磨できる・真面目な話からふざけた話までできる・一緒に飲みに行きたいと思えるメンバーです。

まとめると、何事も本気でできてお互いに刺激しあえるメンバーのいるところで働きたいです。

今までの経験上、自分がいちばん下ぐらいのところから這い上がって、最初は勝てないと思っていた人と対等に戦えるレベルまで成長するということが多くありました。(受験のとき然り)

だから就職においても、自分が一番下になるぐらいのところで働いて這い上がっていきたいです。

 

  • 向上心があって切磋琢磨できる
  • 真面目な話からふざけた話までできる
  • 一緒に飲みにいきたいと思える
  • 自分が一番下になるぐらい優秀

 

優先順位

結局全部にマッチする会社を選ぶのは難しいので優先順位を決める必要があります。

これまでの思考の整理から、やってみたいことはこれと言って一つに決まっていないので、興味のない事業(例えばゲーム)でなければそれでいいのかなと思っています。上にもあげたような自分が一ユーザーになれるサービスのくくりから大きいく外れなければそれでいいと思っています。

逆に、エンジニアとして成長できるかどうかはかなり重視しようと思っています。成長できていればやりたいことに挑戦しやすくなるからです。

自分の得意なこと(=フロント)を伸ばしつつ、慣れてきたらサーバー・インフラにもどんどん挑戦していける環境で働きたいです。