【決定版】プログラミングコンサルが教えるrailsの勉強法

【決定版】プログラミングコンサルが教えるrailsの勉強法

プログラミングコンサルをしていて最近よくプログラミングの勉強法について聞かれるのでこの辺りでまとめておこうと思います。

 

まさにこのツイートが全てです。

progateで基礎を掴む

progateとは、ブラウザ上で簡単にプログラミングの勉強ができる最強のwebサービスです。

本来プログラミングをやろうとすると環境構築といってコードが動く環境を作ってあげる必要があります。これが物にもよるのですが、railsだとかなり難しいので勉強を始めることすら諦めてしまうということがよくありました。

しかし、progateはそんな面倒な環境構築をしなくても勉強を開始することができます。開発元も頑張っているので、さらにユーザーが増えていくことでしょう。

progateにはカリキュラムのようなものがあるのでそれに従えばいいのです。

 

html/cssはプログラミングらしさはないので、少しつまらないかもしれませんが見える部分を作る上でとても重要なので頑張りましょう。

rubyあたりからけっこうプログラミングらしくなってきますが、丁寧な説明があるので大丈夫です。

railsまで一回で理解しきることはなかなか難しいので、2〜3周して理解を深めるといいと思います。

railsの登竜門のrailsチュートリアル

progateでrailsの勉強を終えた後は、railsの登竜門のrailsチュートリアルが待っています。railsの勉強しやすさの理由なのですが、railsチュートリアルというかなり実践向けのチュートリアルが無料公開されています。そのため、低コストで勉強をすることができます。

ただし、実践的であるがゆえになかなか手強い強敵です。説明も丁寧なわけではないし、gitでのコード管理やテストの実施、デプロイまでやることになるので、正直大変です。
そのため、一周では理解しきることがとても難しいです。最低2周はして理解を深めることが必要不可欠です。
Railsチュートリアルに関する記事はたくさんあるので、もし詰まってもgoogleで検索しながらなんとか食らいついていきましょう。

進め方のコツとして、わからないところは飛ばすのがいいと思います。これはrailsチュートリアルにだけに限ったことではないのですが、全体像をつかむことでわかるようになることもあります。あとから見たら、なんでこんなのが分からなかったのだろうと思うことがあるからです。分からないところに詰まってモチベーションがさっがてしまってはもったいないですからね。

勉強法について知りたい方はぜひこちらを【現役京大生が思う最強の勉強法

いよいよプロダクト

Railsチュートリアルを終えてある程度railsでのアプリケーション開発の雰囲気がわかれば、今度は自分で一からアプリを作ってみるのがいいでしょう。もし作りたいものがなければ、誰かにアイディアを貰えばいいです。自分で作るとなると、どのようなモデルの設計にしてどんなページ構成にするかなど、今まで気にしていなかった部分まで考えないといけないようんなるのでかなり勉強になります。

とにかく動くものを作ってみてだれか他の人にレビューをもらいましょう。誰もいなければおかんでもいいでしょう。笑

 

以上が現状のrailsのベストな勉強法だと思います。

上記の勉強は、独学でも可能なのですが、ある程度の時間と根気が必要になってしまいます。そこで、そういった人たちを支援するためにプログラミングコンサルというオンラインサロンを立ち上げました。

 

一人でも多くのプログラミングを勉強したいと思っている人をサポートしたいと考えています。僕が勉強した知識やそれに要した時間というリソースを一定額お金を払ってもらうことで提供していくという形です。

それに、プログラミングの勉強はどうしても孤独になりがちです。しかしプログラミングコンサルではクローズドなコミュニティを形成しているので、勉強を一緒に頑張る同士と繋がることもできます。お金を払って参加いただいている方ばかりなので、みんな本気です。サロン生同士での質問対応も活発になってきて正直だいぶいい感じです。

 

 

現在、実験段階のため買い切り1500円で参加可能となっております。実験段階が終わってコミュニティがうまく機能し始めたら月額2000円ぐらいにする予定です。お得な今のうちにご参加どうぞ!!

参加はこちらから↓↓↓

プログラミングコンサル申し込みページ